教育基礎選修の学生のための本

教育論・教育史

学問のすすめ福沢諭吉岩波書店(1979)

従前の教育を一新した、近代日本の学校教育を考える上で欠くことのできない一冊。

中井正一評論集中井正一著、長田弘編岩波書店(岩波文庫)(1995)

中井正一の「委員会の論理」という論文がやっと文庫で読めるようになった。国立国会図書館の初代の副館長であり、図書館法の成立に尽力した。

留魂録吉田松陰講談社(2002)

松下村塾の主宰者である吉田松陰が、処刑される日に書き上げた遺書。このような人物を犠牲とすることで、日本が夜明けを迎えたことに複雑な思いがする。

一六世紀文化革命(1〜2)山本義隆みすず書房(2007)

著者は一六世紀の文化革命を促したものとして、言語が母国語を中心とするものになったこと、実践的な科学・技術が年を中心とする〈職人〉たちによって展開され、蓄積されたことの2点を強調している。そしてこのことが〈教育〉を拡充したのだと言うのである。

教育の制度

教育権と教育制度真野宮雄・桑原敏明第一法規(1988)

教育制度とは「学習権保障のための制度である」ということを体系的に理解するための基本図書。

教育行政学序説(増補版)宗像誠也有斐閣(1969)

戦後における教育行政の研究が直面していた基本的な課題を知り,今後のあり方を探求するための古典。

学びとその場を問う

生涯教育入門ポールラングラン全日本社会教育連合会(1971)

生涯学習(教育)の現代的な理論書である。これを読破しなければ、生涯学習(教育)について語ることは誰もできない。学校の教師には必要ないって!いや、その認識は違う。生涯学習(教育)論は、「学校改革」論なのだ。「教師改造」論なのだ。この本を読むとよくわかる。

状況に埋め込まれた学習ジーン・レイヴ、エティエンヌ・ウェンガー産業図書(1993)

徒弟制度の特質を明らかにすることで、現代の学校教育の持つ問題性に光を当てた一書。

「学び」の復権辻本雅史角川書店(1999)

近世教育を窓口にして,私たちが当たり前だと考えている近代学校教育の問題性を照射する一冊。

学校は必要か−子どもの育つ場を求めて奥地圭子日本放送出版協会(1992)

フリースクールにおける子ども達の様子を描きながら、現代の学校教育を痛烈に批判した本。

学校的日常を生きぬけ宮台真司・藤井誠二教育史料出版会(1998)

学校化された社会を批判し、その社会をどう生き抜いたらいいのかを考察している。教師になる前にぜひ読んでもらいたい。

現代の子ども・教育問題を考える

子どもの自分くずし、その後竹内常一太郎次郎社(1998)

現代の子どもたちのおかれた状況とそのなかで発生する問題を理解するのに多くの示唆を与えてくれる。竹内常一には、この本以前に『子どもの自分くずし』という著作もある。

電子メディア論大沢真幸新曜社(1995)

電子メディアの分析を通して現代人の身体感覚がいかに変容したのかを分析した本

やさしさの精神病理大平健岩波書店(1995)

現代の若者の示すやさしさが実は人とかかわることからの逃避であることを示した本。現代の自分を考える手助けにもなる。

教師、教育実践を考える

教育方法学佐藤学岩波書店(1996)

現代の教育実践に大きな影響力をもつ著者が、最新の教育学の知見を紹介しながら、教師の役割やカリキュラム、教室でのコミュニケーションなどを論じている。

フレネ教育 子どものしごと若狭蔵之助青木書店(1988)

生活教育を実践してきた著者が、フレネ教育の意味と日本においてどのようにそれを定着しうるかを考察した書。

戦後日本教員養成史研究山田昇風間書房 (1993)

教師教育について、理論的・歴史的な視野から学ぶ際の必読書。

開放性教員養成制度論岡本洋三大空社(1997)

教師教育について、理論的・歴史的な視野から学ぶ際の必読書。

「大学における教員養成」の歴史的研究TEES研究会学文社(2001)

教師教育について、理論的・歴史的な視野から学ぶ際の必読書。

研究方法

フィールドワーク 書を持って街へ出よう佐藤郁哉新曜社(1992)

教育学の研究にもフィールドワークは必要である。文献だけに頼る研究ではなく自分の目と足で行う研究をするための入門書である。

授業研究入門稲垣忠彦・佐藤学岩波書店(1996)

授業とは、教師とはということを問い直しながら、授業研究の意義やその歩みについて述べられている本。

Loading...
inserted by FC2 system